僕はインターネット日記おじさん。

リアルで思いついても発言できないことを自由気ままに発信しています。

パチンコを辞められない元戦友達に捧ぐ。※長文注意

こんにちは。20代前半はパチンコスロットで給与全額ぶっ飛ばした紫田こと、インターネット日記おじさんです。昔々にやってたブログで「パチンコ辞めようのススメ」という記事を書いたんですが、それのリライト版です。

 

当時はまだ東京勤務で、ソフトウェア開発企業らしく定時帰り退社なんてありえねー生活を送っていました。それでも僕は毎日パチ屋に通っていました。そのお店は22時45分閉店だったのですが、頭イッちゃってたので22時とかでも平気で入店してましたね。45分勝負。休日は朝から晩まで。2週間に1度くらいは行かない日があったかなという感じです。

 

まだ20代前半なので、給料は今に比べたらかなり低かったのですが、それでも自分以外を養うわけでもないし、別に趣味もないし、家賃光熱費を払ってゴミみたいな飯で我慢してれば10万以上遊びに費やすことができたんです。でも結局その10万そこらの金も月末にはなくなって、可愛がってくれてた上司に食わせて貰ってたんですけど。

 

今思うと完全に依存症で、年末年始、クリスマスにバレンタインデー、誕生日も全部パチンコ通い。そんだけいても常連でつるむわけでもないし、ずーっと独りで遊んでただけ。景品交換くらいしか喋るタイミングなんてないし、プライベートでコミュ障こじらせてた僕には丁度良かったのかななんて思います。

 

そんだけ通ってたんならやっぱりゲームとして面白いんだよね?と言われると、全然そんなことはなかった。だってパチンコって自分でやることなんにも無いんですよ。ピカピカ光る台を見つめて、意味のない演出に従って、押しても意味のないボタンに魂を込める。その上うるせえし、臭えし、目は痛えし、金はなくなるしで何も良いことなんかない。

 

じゃあなんでそんなこと毎日やってたのかって、認めたくはないけれど、

寂しかったんだと思う。

 

何も無かったんですよ。何も。趣味もない、友達もたまにしか会わない、恋人もいない、家族は遠方、仕事はそんなに好きになれない。これといって取り柄もないし、熱中できるものも、夢も、目標も、希望もない。言葉や思考に出てこなくても、やっぱり寂しくて、虚しくて、頭がおかしくなってた。

 

パチンコ打ってる間ってほとんど意識がなくて、2時間や3時間なんて一瞬で過ぎていくんです。だから寂しいなんて思う暇もない。会社、パチンコ、寝る。これを絶え間なくやり続けて、寂しさや虚しさに飲まれないように逃げ続ける。そんな毎日。

 

たぶんそれって僕だけじゃないんです。いつも見かけたサラリーマンのおっちゃんも、開店から閉店まで入り浸ってるお爺ちゃんもお婆ちゃんも、みんなそうだと思う。あんなもん冷静に考えたら楽しいワケがないし、ほとんどの奴は負ける。なのに通う。寂しさを誤魔化す為に。

 

パチンコ屋のトイレに貼ってあるポスターみたいに、「適度に」遊べば良いんだろうけど、そういうレベルはとっくの昔に過ぎていて、例えば店選びだとか、立ち回りだとか、そんなんを工夫することもなくて、ただ適当に店に行って、適当に座って、22時45分に帰る。

 

30歳になった今考えると、本当に馬鹿なことをしたなと思うけど、それでも少しだけパチンコ屋に感謝もある。いや、少しどころか50%くらいは。確かに馬鹿なことだった、金も失った、時間も失った。でも当時はそうするしかなかった。都会の独り暮らし、何もない俺の居場所を作ってくれてありがとう。さすがに今タイムマシンかなんかで過去に戻っても、パチンコなんかやらねえけどな。

 

今現在、パチンコを打ち続けている元・戦友達へ。

もし、「適度」を越えているなら。

もし、「俺にはこれしかないんだ」と思っているなら。

もし、「もうやめたほうがいいんじゃ」と思っているなら。

もう辞めようぜ。

 

賭けているのは金じゃない、それは命だろ。パチンコが絶対に悪いことだとは言わないが、他に何かできることがあるんじゃないか。本当にパチンコをやるべきなのか。

僕は寂しかったし、それに不貞腐れてた。当時は何もかもがうまくいかなくて、現実や未来から目を背けたかった。パチンコをやって何かと戦っているフリをしていた。本当は逃げているだけだったのに。

 

「俺は好きでパチンコ打ってんだ!金がなくなったら潔く死ぬ!」なんて言ってりゃカッコいいけどさ、最後の最後は逃げ切れねえんだよ。いつかどっかで追いつかれちゃうんだよ。パチンコ帰りに自分と同じくらいの年齢のサラリーマンが、嫁さんと子供をつれて楽しそうにしてるのを見るのは本当につらい。一円パチンコに朝から晩まで居座る高齢者を見るのも本当につらい。もうつらい思いはしたくないよ。

 

たぶんさ、パチンコだけじゃないんだよ。俺たちずっとこうだったんだと思うんだよ。失敗、挫折、敗北・・・・・・そんなことばっか。だからパチンコでちょっと勝ったら嬉しくってやめらんなくなっちゃう。普段勝利とか賞賛から程遠い俺達が、数千円でボーナス引いて、周囲から注目浴びてんのは気持ちが良い。そん時の煙草は最高にうまい。でもそんなの嘘なんだよ。機械制御の意味のねえ勝ち負けに踊らされてるだけなんだよ。忍耐力の無い俺たちが、我慢を必要とせずに気持ちよくなれるようにコントロールされてんだよ。もう勝ち負けでさえないよこんなのは。自殺と同じじゃねえか。

 

もう認めるしかないじゃないか。寂しい自分を。虚しい自分を。何も無い自分を。だからなんだってんだ。まだ生きてんだよ。パチンコ辞めたってクソはクソのままかもしれないけれど、ちょっとはマシなクソになれるかもしれないじゃないか。パチンコに全時間全財産費やしていたら、ちょっとマシになるチャンスすら、自分で捨ててしまっているじゃないか。俺達の人生、パチンコの演出を眺め続けているだけのもんじゃないだろ。

 

パチンコで負けて、「あぁ、今日も負けた。なんて俺はクズなんだろう」なんて思うのはもう辞めよう。あんなもん実力も何も関係ないだから。

「パチンコを辞めるぞ!」なんて決意するのもオススメしない。だって意思が弱くてパチンコやってる人間が、決意とか覚悟とか継続できるわけがないんだから。自分との約束を破って「やっぱり俺はダメなんだ」とマイナスになっちゃうのはよろしくない。

 

だいたいこんなインターネットの端っこで見つけた、どこの誰かもわからねえようなおっさんの文章で、今までの習慣を変えようなんて、当時の僕なら思わない。だから君らも思わないだろう。それでも黙ってるよりかはマシかなと思って書きました。

 

パチンコを薄々やめたいと思っているけど、やめられない諸君。

じゃあ、もう今すぐやめなくていい!やれ!存分にやれ!

 

でも、たまたまこの文章を読んで、「無」以外の何らかの感情を持ってくれたなら、まず自分が本当にパチンコを打つべきなのか、自分自身はどういう状況で、なぜパチンコを打っているのか、今日の就寝前の10分間だけでも考えてみて欲しい。

 

聞きかじった情報によると、脳にはクセがつくらしいぞ!好きじゃなくてもずっとやってたら、そっちに寄っちゃうんだよ!

 

たぶんあなた、自分で思ってるほどパチンコ好きじゃないぞ!!

 

僕はもう自分で変わるのは無理だったんで、物理的にパチンコがない地域に移動しました。そんなこと誰でも簡単に準備できるわけじゃないんで、難しいと思います。

全然調べてないからホントすいませんですが、もう医者とか頼ってもいいんじゃないかな。それかどうにかして朝から10時45分までの予定を埋め尽くすとか。無理か。

 

無責任な長文なうえ、具体的な解決策が無くて申し訳ない。

何かのきっかけ程度になってくれれば幸いです。

 

以上で今日は閉めます。bye